ジャウム石鹸 洗い方 アンダーヘア

ボディソープでデリケートゾーンを洗うのはNG

 

デリケートゾーンを洗うには、デリケートゾーン専用の石鹸を使うのがおすすめです。それは、普通のボディソープや石鹸では刺激が強すぎる可能性があるからです。

 

普通のボディソープや石鹸には、泡立ちを良くするために界面活性剤などの添加物がたくさん入っています。それに比べ、ジャウム石鹸などのデリケートゾーン専用の石鹸は無添加のものが多く、極力肌に刺激を与えないように作られています

デリケートゾーンの正しい洗い方

石鹸をしっかり泡立てます

ジャウム石鹸を使う場合は、非常に泡立ちにくいので泡立てネットなどを使うのがおすすめです。片手いっぱいに盛れるくらいの泡を作りましょう。

 

デリケートゾーンに乗せます

こすりつけたりせず、ふわっと乗せるのがポイントです。

 

そのまま3分間泡パックし、洗い流して終わりです

 

 

石鹸の種類によっては、パックをせず指で洗うだけでOKというものもあるので使い方をよく読んでみてください。
また洗うときは指の腹でやさしく洗いましょう。体を洗うタオルなどでゴシゴシするのはNGです。指の爪なども、デリケートゾーンをひっかいたりしないように気をつけましょう。

 

絶対にしてはいけなのが、膣内まで洗うことです。
膣内まで洗うと常在菌を殺してしまうので、かえってトラブルの原因になります。
また1日に何度も洗うのもNGです。夜お風呂に入った時に1回で十分です。

デリケートゾーンの保湿

デリケートゾーンのかゆみや黒ずみの改善には保湿も重要です。顔を化粧水などでケアするのと同じように、デリケートゾーンも保湿してあげないと乾燥してトラブルが悪化してしまうこともあります。デリケートゾーン専用の保湿ローションなどを使うと、刺激も少なく安心です。
また黒ずみが気になる人は、美白効果のあるデリケートゾーン専用クリームなどもおすすめです。

アンダーヘアのお手入れ方法

 

デリケートゾーンのかゆみやニオイなどは、アンダーヘアのお手入れをすることで改善されることがあります。それはアンダーヘアに汚れなどが付着することでニオイのもととなる雑菌が繁殖し、トラブルの原因となるためです。では、アンダーヘアはどのようにお手入れすればいいのでしょうか。

 

アンダーヘアには3種類があり、それぞれV、I、Oと呼ばれています。
Vラインのアンダーヘアは正面から見える部分を指します。下着からはみ出しやすく、一番自分でお手入れしやすい部分です。

 

Iラインのアンダーヘアは陰部まわりの部分を指します。こちらも下着などからはみ出しやすく、足の間にあたる部分なので鏡を使っても自己処理が難しい部分です。

 

Oラインのアンダーヘアは肛門まわりの部分を指します。自己処理の一番難しい部分です。

 

Vラインぐらいなら自己処理でお手入れできますが、I、Oラインのアンダーヘアは脱毛サロンなどで処理することをおすすめします。剃るのが難しい上、生えてくる毛でちくちくして痛みとかゆみが出るためかなりつらいことになります。また毛深い方だと頻繁に剃らなければならなくなるため、肌への負担が増し、トラブルや黒ずみの原因にもなってしまうため注意してください。

Vラインのアンダーヘアの処理方法

まずはアンダーヘアをどのような形にするか決めます。逆三角形が一般的な形ですが、楕円形や長方形、全処理などもあります。形を決めたら、水性ペンなどで処理する部分にしるしをつけておきましょう。

 

それから、毛が長いときはヒートカッターでカットします。2〜3cmくらいになるように切りましょう。

 

ハサミではだめなの?と思うかもしれませんが、ヒートカッターの方がおすすめです。ハサミで切ると毛先が尖ってちくちくしたり、下着から毛が突き出してきて不格好になってしまいます。しかしヒートカッターは熱線で焼き切るため、毛先が丸くなってちくちくや突き出しが抑えられるんです。

 

次にしるしをつけた範囲を剃っていきます。カミソリでも剃れますが、できれば電気シェーバーを使いましょう。電気シェーバーはカミソリのように石鹸などを使う必要がないので剃る部分が見えやすく、肌を傷つけにくいのでおすすめです。

 

最後に、剃った後は必ずクリームなどで保湿するようにしましょう。肌に負担のないよう気をつけていても、自己処理だとどうしても肌に負担がかかっています。肌トラブルが起きないよう、毎回保湿は欠かさないようにしましょう。

 

 

>>>ジャウム石鹸のおすすめランキングを見に行く<<<

 

 

⇒ TOPページへ戻る