ジャウム石鹸 黒ずみ 効果

ジャウム石鹸はデリケートゾーンの黒ずみにも効果あり?

 

ジャウム石鹸はデリケートゾーンのニオイや黒ずみに効果があると言われています。しかし様々なジャウム石鹸の口コミを見ていると、黒ずみには効果がなかったと感じている人が結構たくさんいるのがわかります。その理由について詳しく調べてみました。

なぜジャウム石鹸を使っても黒ずみに効果がないの?

まず黒ずみに効果がない理由は、ジャウム石鹸の種類というよりも黒ずみの種類の方に原因があると考えられます。
ジャウム石鹸は汚れや古い角質、毛穴に詰まった老廃物などを洗浄し、老廃物などで黒ずんでいた肌をきれいにするという働きがあります。そのため、老廃物が詰まっていることが黒ずみの原因ではない場合、当然効果が薄くなってしまいます。

 

では老廃物以外の原因にはどういったものがあるのでしょうか?

 

 

刺激による色素沈着

肌は刺激を受けると、肌を守るためにメラニンが生成されます。そしてそのメラニンの黒い色素が沈着すると、肌は黒ずんでしまいます。

 

本来ならば、メラニンが生成されたとしても肌のターンオーバー(約1ヶ月を目安に古い肌が新しい肌に生まれ変わること)で黒い色素も一緒に剥がれ落ち、きれいな白い肌が戻ってきます。しかしターンオーバーの周期が乱れたり、ターンオーバーが間に合わないほど大量のメラニンが生成されると剥がれきらずに色素が肌に残ってしまい、それが黒ずみになってしまうんです。

 

そんなにデリケートゾーンに刺激を与えた覚えはないんだけど・・・と思われた方、実はとても些細なことが刺激になっている可能性があるんです。

 

例えば、トイレの際にこするように拭いたり、生理中のかぶれによる炎症、肌触りの悪い下着の着用などが挙げられます。

 

ひとつひとつは大したことがないように見えても、積み重なるとひどい黒ずみの原因となっているかもしれません。

 

 

生まれつきの色素

人間は皆生まれつき色素の濃い薄いがあります。髪の毛の色が真っ黒の人もいれば金色の人もいるように、肌が白い人もいれば黒い人もいますよね。デリケートゾーンも同じです。もともと黒ずんでいる人もいるし、そうでない人もいます。

 

デリケートゾーンが黒ずんでいると「遊んでいる証拠」と思っている人が世の中にはいるようですが、これは大きな勘違いです。もともと個人差があるものなので、あまり気にしすぎないことも大切です。

デリケートゾーンの黒ずみ対策

生まれつきの色でない場合は、黒ずみ対策をすることで改善されていく可能性があります。

 

まず、肌への刺激をできるだけ軽減しましょう。方法としては、トイレで拭くときはゴシゴシせず押さえるように拭く、ナプキンでかぶれる場合は布ナプキンを試してみたり、月経カップを使ってみる、下着の肌触りが悪い場合は下着を変えてみる、などです。

 

次に、毎日デリケートゾーンを正しい方法で洗うことです。ジャウム石鹸などのデリケートゾーン専用石鹸を使うと保湿成分も含まれているため効果的です。また洗うときは絶対に膣内まで洗わないように気をつけてください。

 

デリケートゾーンの黒ずみに効果的なクリーム

デリケートゾーンの黒ずみを改善するのに効果的なアイテムとして「イビサクリーム」というものがあります。イビサソープ、イビサデオドラントなどのデリケートゾーン専用商品を他にも展開しているシリーズで、口コミなどでも評判の良い商品です。

 

 

イビサクリーム

 


イビサクリームの特徴

メラニンを抑えて肌を整えることを目的としたクリームです。トラネキサム酸がメラニンに働きかけ、グリチルリチン酸2Kがダメージから肌を守ります。カモミラエキスや大豆エキスなどの美白サポート成分や、ビタミンE、ローズ水などの保湿成分も配合されています。無添加仕様で、日本国内の工場で生産されているのも安心できます。使い方は、朝晩のシャワー後などに1日2回、気になる部分に5回ほど円を描くように塗り込むだけです。デリケートゾーン以外にも、脇や膝など黒ずみの気になる部分に使えます。

価格(税抜) 7,000円
内容量 35g(約1ヶ月分)
評価 評価4
備考

使用感満足度96.7%
定期購入をクレジット払いにすると36%オフの税込4,827円
送料無料、28日間の返金保証付き
定期購入の場合2回以上の継続が条件

イビサクリームの総評

ジャウム石鹸が老廃物を洗浄するのに対して、イビサクリームはメラニンに働きかけるためより大きな効果が期待できます。
使い方も塗るだけと簡単なので続けやすく、万が一肌荒れが起きても返金保証があるので安心です。
ただ定期購入でも5,000円近くかかることと、2回以上の継続が条件なのがネックとなっています。

レーザー治療でデリケートゾーンの黒ずみを消す

 

どうしてもすぐにデリケートゾーンを美白したいという場合は、レーザー治療という方法もあります。しかし保険適用外の治療になるためすべて自費です。

 

レーザー治療は黒ずみの原因であるメラニンを破壊し、ターンオーバーによってメラニンを排出させるという方法で黒ずみを消します。デリケートゾーンの黒ずみ治療には、レーザートーニングとVホワイトニング(インティマ)レーザーという2つの方法があります。

 

レーザートーニングとは2つの波長のレーザーを照射する、韓国で開発された医療用レーザーのことです。
肝斑などの顔のシミ除去に多く使われていて、周辺の組織へのダメージが少なく再発しにくいという特徴があります。1回あたりの治療費は病院によって異なりますが、1万円〜数万円かかります。施術を繰り返すことで黒ずみを薄くしていくため、完全に黒ずみを除去するには数回通わなければいけません。

 

Vホワイトニング(インティマ)レーザーとは、デリケートゾーンの様々な悩みを解決してくれるレーザーで、黒ずみの除去だけでなく、膣口の引き締め、尿もれの改善などにも効果があります。
デリケートゾーン専用のパルス幅で治療でき、深部の黒ずみも消すことが出来ます。1回あたりの価格は10万円ほどで、1回で終わる病院もあれば数回通わなければならないところもあるのでしっかり調べて病院を決めることをおすすめします。

 

どちらのレーザー治療もかなり高額の費用がかかるので、よほど黒ずみを除去したいという気持ちでない限りはまず石鹸やクリームなどで対策してみるのがおすすめです。

 

 

>>>ジャウム石鹸のおすすめランキングを見に行く<<<

 

 

⇒ TOPページへ戻る